TOP>山口宇部空港の概要

山口宇部空港の概要

外観

国内線ターミナルビルは、航空旅客の増大に対応するため、平成12年3月に供用開始となりました。山口県の空の玄関にふさわしく、利用者の利便性、快適性、更にはユニバーサルデザインを取り入れた建物となっています。山口県は三方が海に開かれ、また当空港も海に接していることから、建物全体を海に見立てて各種デザインに工夫を凝らし、ガラスと金属を多用することで、海とつながる広く明るい豊かな空間を創り出しています。

施設概要

名称 山口宇部空港
所在地 山口県宇部市沖宇部625番地
方位 北62°16´23゙東
標点 北緯33°55´48゛ 東経131°16´43゛
標高 4.54m
設置者 国土交通大臣
管理者 山口県
開港 昭和41年7月1日
種類 特定地方管理空港
面積 1,554,781m2
着陸帯の等級 B級(2,620m×300m)
進入表面の勾配 1/50
水平表面の半径 3,500m
滑走路 2,500m×45m
滑走路の強度 43t
誘導路 3,474m×30m
Aエプロン 315m×135m
Bエプロン 80m×78m 

沿革

昭和41年7月 宇部空港供用開始(L=1,200m、W=30m)
運用時間8型(8:00〜16:00)
全日本空輸(株)東京便運航開始(1日1往復)、
日本国内航空(株)大阪便運航開始(1日1往復)
43年6月 空港照明電気施設供用開始
(飛行場灯台、滑走路灯、エプロン灯等)
44年4月 大阪便増便(1日2往復)
45年4月 東京便増便(1日2往復)
47年3月 大阪便増便(1日3往復)
52年9月 大阪便廃止
54年7月 第2種B空港に変更
54年11月 旧滑走路運用休止(58.11廃止)、
新滑走路供用開始(L=2,000m、W=45m)
55年3月 計器着陸装置(I.L.S)工事完了
55年4月 空港名を「山口宇部空港」に改称、東京便ジェット機就航
55年7月 旅客ターミナルビル供用開始(延床面積3,636m2
56年4月 東京便週4日3往復運航(7月から全日3往復)
59年7月 運用時間11.5型(8:00〜19:30)、
東京便週2日4往復運航
60年2月 東京便週4日4往復運航
61年7月 東京便全日4往復運航
62年7月 運用時間延長13型(7:30〜20:30)
平成元年9月 東京便暫定5往復運航
2年12月 東京便全日5往復運航
5年5月 札幌便週3往復運航開始
7年4月 東京便夜間駐機開始
9年4月 札幌便週4往復運航
9年7月 沖縄便週3往復運航開始
10年12月 沖縄便運休
12年3月 国内線ターミナルビル供用開始(延床面積8,087m2
13年3月 新滑走路供用開始(L=2,500m、W=45m)
14年3月 札幌便運休
14年7月 東京便ダブルトラック化全日7往復運航
(全日本空輸(株)1日5往復、日本航空(株)1日2往復)
14年10月 東京便全日8往復運航
(全日本空輸(株)1日5往復、日本航空(株)1日3往復)
17年7月 運用時間延長14型(7:30〜21:30)
18年7月 開港40周年
20年3月 築城基地ターミナルレーダー管制運用開始
21年3月 済南国際空港との友好協定締結
23年3月 東京便全日9往復運航
(全日本空輸(株)1日5往復、日本航空(株)1日4往復
24年7月 定期便利用者2,000万人突破
26年10月 (株)スターフライヤー就航 東京便全日10往復運航
(全日本空輸(株)1日3往復、日本航空(株)1日4往復、(株)スターフライヤー1日3往復

空撮

▲PageTop

▲PageTop

| 空港の概要 | 振興会概要 | ご意見 | 個人情報保護 | サイトマップ | TOP